オゾンショック・トリートメント法とは

オゾンショック・トリートメント法とは

OST(オゾンショックトリートメント)法は、日本国内の脱臭除菌シーンにおける、サービス品質の向上を担う「日本除菌脱臭サービス協会」によって策定された、「オゾンを用いた強力脱臭法」を指します。

オゾンによる消臭メカニズムは先にお伝えした通りですが、その効果をより高め、しつこい臭気分子も分解消臭するためには、大容量のオゾンと、それを強力に押し出すファンが必要となります。

このため、OST法に適合する脱臭効果を得られるオゾン脱臭機として、以下が定義されています。

  • オゾン発生量:7,500mg/h以上
  • ファン風量:260m3/h以上

オゾン脱臭菌の性能を単純比較する場合、よく注目されるのが「オゾン発生量」と「ファン風量」です。

オゾン発生量とは

オゾン脱臭機におけるオゾン発生量は、「1時間当たりのオゾン発生量= mg/h」として表されます。
オゾンの発生量が少なければ、空気中に浮遊する、また物質内に沈殿した臭気分子との反応があまり発生せず、短時間での脱臭は難しくなります。

ファン風量とは

ファン風量は、脱臭機内で生成したオゾンを力強く空気中に押し出すための、ファンの風量を表し、この数値が低いとオゾンが勢い良く放出されませんので、オゾンが臭気分子を分解するほどの力を持たず、結果的に脱臭効果はあまり上がりません。

特殊清掃タスカットのオゾン脱臭機は、OST法に準拠!

我々のオゾン脱臭機は、まさにOST法にうってつけの、大容量オゾンと、大風量を兼ね備えています。
強い臭気に対応し、臭いの悩みを短時間で解決する、心強い存在です。

一般社団法人 日本除菌脱臭サービス協会 http://ndsa.or.jp/

オゾン脱臭機

オゾン脱臭機

そもそもオゾンって何ですか?

オゾンの性質について

オゾンの分子式はO3、つまり、酸素(O2)を原料にして作られます。オゾンは極めて不安定で反応性が高いため、すぐに反応して、酸素に戻る性質があります。その際に、臭い物質と反応するため、脱臭が行えるというものです。

オゾンによる脱臭は、悪臭を他の臭いで包み込み、ごまかしているだけの芳香剤とは違い、悪臭の素をオゾンで分解するため、より高い効果が得られます。

オゾン発生機について

一般的に使われるオゾン発生機の性能とは

オゾン発生器は、広さや臭いレベルにより使用する器械が異なります。
一般家庭用は論外としても、ホテルや食品を取り扱う場所などで使用されている業務用機器でも、オゾン発生量は1,000mg/h程度のものが主流となっています。

特殊清掃タスカットの使用するオゾン発生機の場合

特殊清掃タスカットは、世界が認めた「業務用プラズマオゾン発生機」を使用しています。

プラズマ×オゾンで今までの5倍以上のスピードで徹底脱臭を可能とした脱臭機です。

オゾンの生成方式には、UV方式、コロナ放電式、放電プラズマ方式と、大きく分けて3種類あり、業務用途に、それぞれの方式を利用した様々なオゾン脱臭機が存在しておりますが、そのどれも死臭など臭気強度の高い臭いに対応するには脱臭パワーが足らず、現場での利用には適用し難しいのが事実です。

我々の使用するオゾン脱臭機は、放電プラズマ式であり、またオゾンショックトリートメント法(OST法)を用いた高い風圧でオゾンを放出できるため、オゾンの特性や危険性について十分に把握した者が操作をする限り、臭いを着実に無臭化していくことができます。

移動・設置 移動式
脱臭原理 プラズマ×オゾン
オゾン発生耐久時間(h) 40,000h
出力風量(3/h) 260m3/h
オゾン生成量 7,500mg/h
重量(kg) 7.5kg
電源電圧 (100v,50/60Hz) 100V
消費電力(W) 150W
その他 低騒音性

除菌剤の安全性の証明

除菌剤の安全性の証明

強力除菌剤を想像すると、人体への影響や物への悪影響を及ぼすのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

一般的に販売されている消臭・除菌剤でも、使用方法を間違えると有害との見解もあります。「使用方法を良く読んでお使いください」という文言は、どんなものにも記載されています。本当に無害なら、そんな記述はいらないのでは?と思いませんか?

特殊清掃タスカットが使用している薬剤は

  • 非腐食性・非刺激性・無毒性・無香料であり揮発性有機化合物を含有していません。
  • 化学物質排出把握管理促進法の第一種、第二種指定化学物質を含有していません。
  • ニルフェノールエトキシレート類を含有せず生分解性。活性成分の残留なく環境に安全。

使用方法は、厳しい資格制度に合格した当社プロスタッフが熟知しております。
すべて安心して当社へお任せください。

除菌剤の確実な効能

除菌剤の確実な効能

特徴1.優れた除菌力(製造元より保健省への登録データより)

微生物 接触時間 除菌率(%)
MRSA 30秒※1 99.9999%以上
VRE 30秒※1 99.9999%以上
ヒトロタウイルス 5分※2 99.999%以上
ネコ科カリシウイルス属 5分※2 99.9%以上
HIVウイルス 5分※2 99.99%以上

※1.サスペンションテストは室温にて0.1%AHPにて実施
※2.定量的キャリアテスト(QCT)は5%のウシ血清土壌負荷を使用し、室温にて0.5%AHPにて実施

特徴2.様々な素材に使用可能

床に塗布されているワックスを傷めません。

材質 判定
ナイロン
ポリプロピレン
天然ゴム
スチール
アルミニウム
赤銅、青銅 ×
真鍮 ×

特徴3.高い洗浄作用

カナダ基準委員会テストCGSB2.16・87クリーニング効果70%を以って政府検査基準で許容可能と見なされます。

医療機関も認める除菌剤

医療機関も認める除菌剤

我々の除菌剤へのこだわり。その訳とは

特殊清掃タスカットは、使用する除菌剤に”こだわり”を持っています。

理由は、ただ一つ「効果に違いがある」からです。

お客様は単なる清掃作業ではなく、「高い効果のある清掃作業」をお求めになっています。
だからこそ、通常目には見えない菌も、徹底的にカバー。いくら清潔に見えたって、菌が繁殖していればあまり意味はないですよね。

当社の”こだわり”の除菌剤について、ご紹介します。

特殊清掃タスカット指定の除菌剤

薬剤のすぐれた特長

我々が指定している除菌・殺菌剤は海外の大学環境微生物学研究センターにより効果が証明されている製品です。

海外社の独自特許技術により開発された成分であり、従来の過酸化水素(オキシドール)の難点であった除菌スピードの遅さを加速度的に高め、かつ界面活性剤を含ませることにより洗浄能力も合わせ持つ除菌洗浄剤として開発されました。

CDCガイドライン区分による医療機器表面、ハウスキーピング表面の洗浄と除菌に最適な環境用除菌洗浄剤です。

  • 広域スペクトラムを2秒で99.999%除菌(原液使用時)
  • 約20秒でバクテリア・一般的ウィルスを除菌(原液使用時)

高度汚染ゾーン向け

  • 洗浄能力・除菌作用・人体への健康と安全性・生分解性(100%生分解)に優れる製品です。
  • リスクの高いエリア(手術室、ICU、隔離室、救急室、救急車など)でご使用いただける除菌洗剤です。

使用に適した業種例

  • 病院・診療所・歯科医院・動物病院・デイサービスセンター・医療機器メーカー
  • 不動産業・ハウスメーカー・飲食店・ペットショップ・・・等

なお、この製品は、日本の某有名大学病院の手術室や手術器具にも使われています。

脱臭剤の安全性

脱臭剤の安全性

特殊清掃タスカットが指定する脱臭剤の安全性

特殊清掃タスカットが使用する脱臭剤は、居住空間に噴霧いたします。よって、その安全性は特に確保されている必要があります。

マウスの経口投与による実証結果

通常使用する濃度の約10倍となる溶液をマウスに経口投与し、そのLD50を求めると、40ml/kg以上であることから、測定不能なほど安全なものです。

この数値は、例えば人間に置き換えると、体重50kgの人が100倍希釈液20lを飲んでも心配がない数値です。

また、皮膚に対する影響についても、同様の溶液を用いた皮膚刺激試験及び眼粘膜刺激試験によっても、刺激反応は全く認められず、同じく安全性なものであることが言えます。

LD50とは
半数致死量ともいわれる数値で、投与した動物の半数が死亡する容量を指します。40ml/kgの場合、1kg辺り40ml以上投与すると、死の危険が有るということですが、上記通り、標準的な成人男性の体重に置き換えれば、濃度10倍の薬剤を、がぶがぶ飲み込まないと影響が出ないという数値です。また、脱臭剤は経口摂取をするものではありませんので、実際のケースでは、全く影響がない、と言えるのです。

脱臭剤の効果

脱臭剤の効果

特殊清掃タスカットの指定消臭剤の効果について

市販されている消臭剤は例えば、強い芳香によって臭いのもとを覆う「マスキング効果」による消臭であることが一般的です。この場合、臭いそのものは分解されておらず、時には元の臭いおよび芳香が交じることで、違った悪臭を生む可能性がありました。

指定消臭剤は、マスキングは行わず、悪臭物質を中和することで臭いを中和し、消臭するものです。また、薬剤に含まれる微細な液滴が悪臭物質そのものを溶解し、分解する作用が働くために、消臭効果に優れています。

また、悪臭と混ざり臭いを打ち消す中和作用を持つ特殊な植物性芳香が附与され、更なる消臭効果が期待できます。

この消臭剤は、特殊清掃現場での脱臭作業や、ごみ部屋清掃サービスでの脱臭作業など、広範な分野で用いています。

あんしん・安全な脱臭剤

あんしん・安全な脱臭剤

特殊清掃タスカットが指定する、脱臭剤についてご紹介いたします。

脱臭剤は、その仕組みによって様々な種類がありますが、サービスをご提供する上では、比較的強い臭気に反応し、脱臭できる薬剤であることが求められます。

特殊清掃タスカットは、その効果はもちろん、使用において人体に悪影響を及ぼさないことを絶対的な条件として、薬剤の選定を進めています。

プロの機材・薬剤

プロの機材・薬剤

特殊清掃タスカットが使用する、プロの機材・薬剤についてご紹介します。

特殊清掃タスカットがご提供するサービスでは、「菌の発生と除去」が必要となるケースが多く見られます。

この処置には、脱臭機や除菌剤、脱臭剤が必要不可欠ですが、当然、1つ1つ効能や使用上の注意点、またその効果を高める方法は違っています。

スタッフはこれら機材、薬剤全般への知識を習得しておりますが、皆様により安心してサービスをご利用いただける様、我々の使用する機材と薬剤についてご紹介いたします。

事件現場特殊清掃士

事件現場特殊清掃士

特殊清掃にはやはり知識が必要

特殊清掃に対し、国が定めた資格制度は存在しておりません。

各会社とも、独自で勉学に励んでいるか、先駆者からノウハウを頂いているか?だと思います。

ズバリ言い切りますが、特殊清掃現場は危険です。

過去、勉強会に出席するたびごとに、その怖さは増大してきました。

当時は現場経験もなく、中途半端に頭に知識を入れてしまっていたからです。

その後、現場経験を重ね、その経験と知識が合体したところで、自信につながりました。

今だから極論を言えば、

  • 怖さを熟知し、対応策を完全にマスターしている人
  • 全く知識なしの人

の2通りのどちらかが一番現場に入りやすいかも知れません。

ただし、後者は安全上非常に危険になります。

となると、特殊清掃を行うには前者が必要になります。

  • 作業全体管理
  • 薬剤の注意点と使用方法
  • 効率かつ効果的な工法
  • 腐敗臭の消臭技術や拡散防止、オゾン機器の使用責任
  • 体液・血液の処理技術
  • 殺菌技術とその仕組み
  • 周辺環境への配慮
  • 自身の安全

と、簡単に書きましたが、どれをとっても特殊清掃現場スタッフには欠けてはならないものです。

事件現場特殊清掃士について

事件現場特殊清掃士とは、事件現場特殊清掃センターが管理、発効する資格で、特殊清掃サービスを提供するに当たり、清掃に関する専門知識から、作業に当たる者、またお客様の安全性確保のために必要とされる処置とその知識など、幅広い必要知識を習得することができます。

特殊清掃タスカットでは、事件現場特殊清掃士資格保持者がおりますので、清掃技術などについてご不安になることなく、ご依頼いただけます。

事件現場特殊清掃センター

http://www.csc-mind.org/

特殊清掃タスカットの、事件現場特殊清掃士保有者